一五一会の音色に乗せて

アクセスカウンタ

zoom RSS 1488、黒門市場・日進堂

<<   作成日時 : 2017/05/13 09:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

黒門市場に初めて行く。
江坂から御堂筋線の難波乗り換えで、千日前線日本橋で下車、道路を渡って到着した。



画像




大晦日などで何度か見たことがあったが、初めて足を運んだ。地元の市場だという。新鮮な魚や精肉、衣料品から日用品までそろうという市場で、覗いてみるとまあ、築地場外の小さくしたような処のようだった。それでも市場の総延長は580メートル、店舗数191軒と、黒門に行けば何でもそろうといわれる市場である、と黒門市場に機関誌は宣伝する。歴史は文化文政のころ始まり、明治期芝居小屋なども建ち、千日前か界隈から賑やかになってきたという。市場の近くに圓明寺というお寺があり、その黒い山門が市場の呼び名の由来だそうだ。



画像




市場を歩いてみて気づいたことは、日本語より外国語が多く聞かれたこと、だったかもしれない。鮮魚店などにも外人さんが列をつくっていたが、買った鮮魚をどうするつもりなのかと心配になったほどで、不思議な人たちだとつくづく思った。どこかに買ったものが食べられる場所でもあるのかと周囲を見回したが分からなかった。
穴子好きの家内が旨そうなてんぷらを見つけており、帰り道にその店に寄った。日進堂で、てんぷらを揚げて売っている店だ。「大阪の台所・黒門市場で、食の玄人が太鼓判を押す名物てんぷら。食べごたえたっぷりの大あなご500円や、喜劇王藤山寛美氏も愛したゲソ天120円もぜひ。」と旅行誌も絶賛のお店である。穴子、ゲソおさつ、ごぼうといくつものてんぷらを買い、黒門市場を後にした。
道頓堀も近く、私たちは戎橋の方向に進んで行く。たこ焼き屋などに並ぶ列が異常なほどの長さで、大変な人だった。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1488、黒門市場・日進堂 一五一会の音色に乗せて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる