アクセスカウンタ

一五一会の音色に乗せて

プロフィール

ブログ名
一五一会の音色に乗せて
ブログ紹介
沖縄で出会った一五一会、三線とギターのチャンプルで、開放弦が和音となる、その意味では画期的な楽器だ。指一本で押えれば、音階にあわせて違う和音がそこに生まれる。
私は60の手習いでこの一五一会を始めた。初めての楽器だが、続きそうな気がする。いずれは旅のお供にして、たとえばワイキキで、竹富島で、アルハンブラで、奏でたい、とそれが将来の夢。さあ、一五一会の音色に乗せて、旅の日記をつづろう。気軽に、楽しく

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
1622、街歩き・猫の家
やがてリーブ広場へと出た。広場の北側に屋根の上で伸びをする猫の姿が特徴的な建物が建つ。 猫の家だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/15 09:09
1621、街歩き・スエーデン門
トゥルァクシュニュ通りを進むとその先にスウェーデン門が見える。リーガに残るただ一つの城門だという。 門を通り抜けとアルダル通りに出る。旧市街の只中だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/14 09:17
1620、街歩き・リガの城壁
円形の火薬塔が建ち、その先に城壁が残っている。近年再建されたものらしい。 トゥルァクシュニュ通りは石畳が続く道で、その先に旧市街が広がるという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/13 08:52
1619、街歩き・運河の眺め
公園の道を進むと、木立の向こうにお堀が見えてくる。運河だという。美優市街をぐるっと包み込むように造られているのだ。私たちは暫し運河に沿った木立の道を歩いた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/12 11:56
1618、リガ街歩き・レーニン像
エストニアからラトビアに入る。ラトビアの首都リガに着く。市街はダウガヴァ川に沿て広がり、その川から街をぐるりと運河が巡っている。ホテルはその運河にも近い公園のそばだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/11 14:57
1617、ラトビアの首都・リガへ
ラトビア人ライモンド・パウルス作曲の歌がある。日本では加藤登紀子が歌い大ヒットした。 「マーラが与えた人生」と題する歌で、曲想は暗い。加藤は同じ旋律の曲を長調で唄った。題名は「百万本のバラ」といった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/08/10 14:43
1616、十字架の丘
ヴィリニュスとリガを直線で結ぶ。その直線状にシャウレイという街がある。 その街の近郊に、この十字架の丘がある。リトアニアの象徴的な聖地といわれる場所だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/09 08:40
1615、カウナスという街
カウナスは第一次世界大戦と第二次大戦でポーランドがヴィリニュスを占領している間の22年間、リトアニアの首都だった町で、15世紀半ばからハンザ同盟の代表部が設けられるなど商業活動を中心に繁栄した。 だから日本領事館はこの街にでき、杉原はこの街で活躍した。カウナスを地図上で眺めてみると、リトアニアとポーランドとの国境近くにあることがわかる。私たちは街の旧市街に行き街歩きを始めた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/08 08:50
1614、千畝の元領事館
杉原千畝である。 カウナスに彼が赴任した日本領事館が残っている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/07 08:54
1613、三つの十字架
ヴィリニュスを去る時が来た。私たちはヴィリニュスが見渡せる岡辺にのぼり街を見おろすことにした。 三つの十字架の丘といわれる場所であった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/06 08:56
1612、聖ペテロ・パウロ教会
ネリス川に沿って、コシユウシコス通りを行くとこの聖ペトロ・パウロ教会がある。 1668年から7年かけて造られたヴィリニュスを代表する教会といわれる建物である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/05 10:34
1611、トゥラカイ城
トゥラカイ城、そのレンガ造りの建物に近づく。 周辺に広がる美しい水辺に映る姿が素晴らしい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/04 09:30
1610、トゥラカイの景観
トゥラカイは首都ヴィリニュスから30キロにある湖水に囲まれた町である。 私たちは小ぶりのバスをチャーターしてその街に出かけた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/02 09:52
1609、聖ヨハネ教会の鐘楼
旧市街の一角、大聖堂の近い辺りにヴィリニュス大学があり、聖ヨハネ教会も建っている。 見あげる程に高い塔がある教会で、その塔が市街で最も高い塔だという。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/01 09:07
1608、守護聖人カジミエルのこと
リトアニアの守護聖人はこのカジミエルである。 遺体はヴィリニュスにある大聖堂に眠っている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/31 09:23
1607、ヴィリニュスの大聖堂
白亜の大聖堂に入る。ヴィリニュスの中心に立つ教会で街のシンボルといわれる主教座教会だ。 様々な街に歴史と共に、その変遷のままに今日に至った教会であったという。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/30 10:40
1606、カテドゥロス広場にて
聖アンナ教会からマイロニオ通りを北上する。道なりに進むと左手に大きな大きな白亜の建物と尖塔が見えてくる。大聖堂そしてその鐘楼だ。私たちは大聖堂前に広がる大きな広場に入る。カテドゥロス広場だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/29 09:41
1605、聖アンナ教会
ウジュピス共和国から出る。ヴィリニャ川を渡ると広い自動車道に出た。マイロニオ通りで旧市街の中心を走る通りである。木々の茂みの向こうに落ち着いたレンガ造りが印象的な塔が見えてくる。地図を広げると聖アンナ教会とある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/28 09:56
1604、ウジュピス共和国
ところで、今リトアニアの首都ヴィリニュスにいる。この首都に、ウジュピス共和国という独立国があるという。 これを理解するためには、この町の地理と歴史の話をしなければならないのかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/27 10:30
1603、聖母のイコン
夜明け門の二階に上がる。小さな礼拝堂ができていて、香の香りに包まれた向こうに祈りをささげる女性の姿があった。見上げる先に聖母イコンが祀られていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/26 08:51

続きを見る

トップへ

月別リンク

コメント欄
一五一会の音色に乗せて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる